スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年1月改正【個人型確定拠出年金】メリット・デメリット

そもそも『確定拠出年金』ってなに?

まずここから。

確定拠出年金は、将来支給される年金額が運用次第で変動する年金です。
国民年金や厚生年金は賦課方式(世代間の仕送り)で運営されていますが、確定拠出年金は積立方式です。
この確定拠出年金には[企業型]、[個人型]がありますが、今回は2017年より加入対象者が拡大される[個人型]について書いていきたいと思います。


【2017年1月からの変更点】

これまで、個人型の確定拠出年金は自営業者か企業年金のないサラリーマンが加入対象となっていましたが、2017年の改正後は、企業年金のあるサラリーマン、公務員、専業主婦も加入対象者となり、実質すべての人が個人型確定拠出年金を利用できるようになります。


【現状の年金制度】

年金の加入形態は3つ
・第1号被保険者(自営業者)
・第2号被保険者(サラリーマン、公務員)
・第3号被保険者(サラリーマン、公務員の妻)

■第1号被保険者
国民年金基金、個人型確定拠出年金、その他の付加年金に自由に加入することができます。

■第2号被保険者
厚生年金に強制加入。
企業年金としての確定拠出年金に加入ができます。(導入している企業に勤めている場合)
企業年金がないサラリーマンは個人型確定拠出年金に加入ができます。
2017年1月からは、企業年金のあるサラリーマンも個人型確定拠出年金への加入ができるようになります。

■第3号被保険者
配偶者(扶養者)が国民年金保険料を支払っているため、実質的に保険料の負担はありません。
2017年1月からは、この第3号被保険者も個人型確定拠出年金に加入できるようになります。



【加入範囲が拡大されたとしてもメリットは?】

確定拠出年金の最大のメリットは簡単に言うと税金面で優遇措置があることです。


【毎月の掛け金は『全額所得控除』できます】

毎月の掛け金を全額所得から控除できるので、掛け金 × 税率 が戻ってくることになります。
(掛け金は月額5000円~68,000円の間で任意に設定。ただし第2号被保険者は上限23,000円)

一般の生命保険等の控除に比べ、節税効果はかなり高くなります。

仮に税率30%の人が276,000円(第2号被保険者の上限額)を拠出したとすると年間82,800円もの税金が戻ってくる計算になります。

仮に運用が±0だとしても単利で30%の金融商品ということですね。これ凄いと思います。


【受取時にも優遇があります】

掛けている間は全額控除という大きなメリットを受けられますが、年金として受け取るときには税金がかかってきます。
しかし、これも年金で受け取るならば公的年金控除を受けられますし、一括して受け取る場合も退職所得控除が受けられます。
つまり、受取時にも給与所得よりも明らかに優遇されていることとなります。


【運用益が非課税】

運用期間中の運用益が非課税です。
NISAでも非課税期間は5年(最大10年)ですので、ここも大きなメリットの一つではないでしょうか。
特に複利での長期運用を考えた場合、運用期間中非課税というのは、複利の効果を最大限享受することができます。


このように確定拠出年金には税制上のメリット(優遇)がこんなにあります。
これはあまり知られていないと思いますが、確定拠出年金で運用、積み立ててきた資産は、自己破産しても没収されません。


いかがでしょう?
ここまではいいことばかりですね^^

しかし、万能のように思えるこの個人型確定拠出年金にもデメリットは存在します。
以下は個人型確定拠出年金のデメリットについてまとめています。


【途中解約ができない】

途中で解約して現金化するといった、一般の投資信託や、保険商品のような使い方はできません。
ただし掛け金の変更は行うことができます。


【手数料がかかる】

個人型確定拠出年金を利用する場合、加入時に数千円の手数料がかかります。
利用時に加え、毎月数百円の口座管理手数料もかかってきます。
いずれも、メリットとなる金額に比べたらわずかな負担ですが、運用初期ではやや重荷です。


【企業年金がある会社に転職したら資格を失う】


現行ではこれが一番のデメリットであり、リスクだったのですが
これも2017年1月の改正で解決されるので割愛します。



始める際の注意点

いざ始めてみようと思っても、どこでやっても同じというわけではありません。
毎月かかってくる手数料も各社様々ですので、なるべく運用関係費の安いところを選ぶことが基本です。

もちろん運用するファンドも慎重に選ぶことが必要となってきます。
老後セカンドライフに向けて殖やすはずの資金が運用次第では元本を割れることも十分に考えられます
この辺りは長期投資に対する基本的な考え方をしっかりと理解しておく必要があります。
(私のセミナー受講者の皆様は大丈夫と信じております・・・w)


多少のデメリットがあるとはいえ、個人的にはかなりのメリットを感じる制度です。

と同時にこの改正は国からのメッセージでもあると考えています。

『自分の老後は自分で守れ!』

こう言われているような気がしてなりません。。。


人(国)に頼らず、自分の生活は自分で守っていく時代に突入しています!



154440.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GMLDAISUKE

Author:GMLDAISUKE
白石大典。新潟県生まれ新潟県育ち。会計事務所に勤務後、27歳の時にコンサルティング会社、保険乗合代理店を起業(現、㈱GMLソリューションズ)。中小企業や個人へのコンサルティングの一環としてライフプランやマネー相談、法人保険、個人保険ともに幅広く着手。近年は将来不安を抱える世代のために個人の資産形成に役立つセミナー等、各地で開催しながら300を超えるクライアントの相談を日々行っている。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社GMLソリューションズ
株式会社総合経営研究所

◆◇◆◇◆業務内容(提携業務含む)◆◇◆◇◆

・中小企業経営コンサルティング
・決算診断、決算対策
・記帳代行、会計指導
・事業承継対策(相続支援、対策)
・金融コンサルティング(借入支援、銀行交渉等)
・生命保険、損害保険コンサルティング
・公的助成金取得支援(主に厚生労働省)
・起業支援、起業相談、法人設立
・個人ファイナンシャルプランニング
・会計ソフト導入支援
・建設業(建築業)原価管理システム導入支援
・資産運用コンサルティング
・M&A支援
・HP作成支援
・SEO対策

◆◇◆◇◆◇◆取り扱い保険会社◆◇◆◇◆◇◆

・オリックス生命保険株式会社
・日本生命保険相互会社
・ジブラルタ生命保険株式会社
・メットライフ生命保険株式会社
・アクサ生命保険株式会社
・東京海上日動あんしん生命保険株式会社
・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
・マニュライフ生命保険株式会社
・NN生命保険株式会社
・AIG富士生命保険株式会社
・三井住友海上あいおい生命保険株式会社
・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
・東京海上日動火災保険株式会社
・損害保険ジャパン日本興亜株式会社
・セコム損害保険株式会社
・エース損害保険株式会社
・富士火災海上保険株式会社
・AIU損害保険株式会社
・朝日海上保険株式会社

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。